UFO目撃体験談その4

4件のコメント

UFO遭遇譚、第4弾は、

宇治市滞在中に出逢ったが、一期一会でもう会えない人の話だ。

 

~~~~~~~~

 

その女の子は、卒業を控えた大学生。

女子校出身者で、フランクな話ぶりが印象的だった。

 

UFO、私も見ましたよー! というノリだった。

めっちゃ見ました見ました! と。

 

「電車に乗ってる時に見ました。

えっ、と思ったらそこにいて。

私以外に気づいてる人はいなかったですね。

 

日があるうちで、明るかったです。

電車の窓の向こうに。

変な動きだった。

長いこといて、ずーっと見てました」

 

という。

 

ジグザグな動きだったか、回転するとか

8の字、∞の字だったか、は聞いていない。

 

色はどうだったとか、今思えばもっといろいろ

訊いてみたかった。動いている電車の中から、

そんなに長いこと見えるものだったのだろうか。

 

しかしやはり印象的なのは、

UFOを見たと語る彼女の生き生きした語り口だ。

みんな、当たり前だが、

自分の見たものを信じていて、

その珍しさ、奇跡さ加減も信じている。

 

私はUFOを見た事がない。

しかし出会う人の中には、

「鴨川でいっぱい見られますよ〜」とか

(私すばるは京都在住である)

「アメリカにはうようよいる」といった

語り口の人も多く。

 

UFOを見た人ふたりに囲まれて

「君、まだUFOも見てないの?」

というノリで話を振られたり。

そのノリはおかしいだろう!(笑)

 

というのを実証するためにも、体験談を集めていきたい。

■UFO目撃体験談集■
UFO遭遇体験談 その1
UFO遭遇体験談 その2&3
UFO遭遇体験談 その4
UFO遭遇体験談 その5
UFO遭遇体験談 その6
UFO遭遇体験談 その7
UFO遭遇体験談 その8
UFO遭遇体験談 その9
UFO遭遇体験談 その10

UFO遭遇体験談その2&3

4件のコメント

UFOに出逢った話の第二弾、第三弾です。

前の記事のさやかさんのお知り合いの話。

 

~~~~~~~~

 

まずはそのさやかさんのご友人の話から。

語ってくれるのは、前記事で登場したさやかさんだ。

 

「私も友人も20代だったの。

UFOブームの1990年代はじめ頃だった」

 

と友人の体験談も話してくれる。

 

「あれ……何あの銀色に光ってるのは……、

という感じだったそう。

けっこう大きかったらしいのよ」

 

どういうシチュエーションだったのか。

 

「住んでた団地で、洗濯物を干してたら、

向かいの団地に銀色のものが、という感じ」

 

神奈川だろうか(確認できていない)。

 

「昼間だったって」

 

形状はさやかさんが見たのと同じというから、

灰色の円盤の下のほうに窓が、という

おなじみの形だったのだろう。

 

さやかさん、それとは別に

旦那さんのお姉さんもUFO現象に遭ったことがあるという。

教えてくれた。というのが第三弾だ。

 

「うちの旦那の姉がね、90年代かな。

実家に住んでて、畑の中の家なの。

 

一瞬、家の外が光ったと思ったら

ドスン! という音がして、窓が明るくなった。

 

雷は鳴ってないし、まったく静かなのよ。でも

『いつもと違う』という感じだったそう。

 

お姉さん、すぐには見に行かなかったそうなの。

でも、見に行こうと思ったら明るいのも消えたって。

 

お姉さん、UFOだって言ってた」

 

とのことだ。

 

私(すばる)の友人で、このさやかさんのご友人のように

団地で洗濯物を干していて、に近いシチュエーションで

UFOを見たあと、このお姉さんのような発光現象に

遭った人がいる。その話を思い出した。

 

という、UFO遭遇談の第二弾、第三弾でした。

■UFO目撃体験談集■
UFO遭遇体験談 その1
UFO遭遇体験談 その2&3
UFO遭遇体験談 その4
UFO遭遇体験談 その5
UFO遭遇体験談 その6
UFO遭遇体験談 その7
UFO遭遇体験談 その8
UFO遭遇体験談 その9
UFO遭遇体験談 その10

UFO遭遇体験談 その1

6件のコメント

UFOに出逢った人の体験談です。

 

~~~~~~~~

 

UFOに出逢った人と、出会うことが多い。

8人までは数えていたが、その後もはやよくわからない。

 

最初はもの珍しく聞いていたが、最近は「あなたもか」

という感じ。誰がどの体験談だったかも曖昧になってきた。

なので、わかる人にはわかるうちに聞いておこう、と

聞き書きをはじめることにした。

 

今日はその最初のひとり、

さやかさん(仮名)の体験談だ。

 

さやかさんは、大学生になる息子を持つお母さんだ。

私とは宇治市滞在中に知り合ったが、もともとは神奈川の人。

 

まだ神奈川の住んでいた20代の頃に、

新潟からの帰りがけの電車でUFOを見た、という。

 

「確実にそうだったと思う。

灰皿みたいなのが上下にくっついててね、

真ん中が広くなってて、英語の帽子でいうHATみたいなの、

上下にくっつけた下のほうに小さな窓がたくさんついてた。

 

明らかに動きが変なの。

新潟から帰ってくる電車の外を見たら急に、

電車の中から見たの。関東よりだったかな」

 

年代は、1990年代のはじめだという。

 

「UFOブームだったのよ。

ちょうど友達もUFOを見てて、盛り上がってた。

友達が見たのも同じような形で」

 

お友達の見たというUFOの話は、別記事で改めて。

 

「ふつう、飛行機って形までは見えないでしょう。

光を全体的に発してて、形がはっきりわかったの。

ジグザグな動きで、ずっと見てたら

ふっと消えちゃった」

 

「でも、私は長く見たほう」とさやかさん。

体感時間でいうと1分くらいだったとか。

 

「夜の6時過ぎだったか、

ちょうど暗くなったくらいだったから。

6時半から7時かな。冬だったと思う」

 

先にも書いたが、新潟からの帰りの電車、

関東よりのどこかだ。さやかさんは繰り返す。

 

「電車の中で1分くらいに感じた。

ジグザグにくっきり形が、窓が見えたの。

何個か、窓がくっきり」

 

その時、どう思いました? と訊いてみた。

 

「絵に描きたいくらい。こんな形なんだーって。

UFOって全部発光してるのね。

UFOだーって思った。

ずーっと見てて、動きを見てたらジグザグだった。

目で追ってたけど、知らない間にふっと消えちゃったのよ」

 

という感じだ。

 

さやかさん、UFOの話になると語り口が熱い。

今でも信じている体験だが、もうそれ以来は見ていない、

他にそういう話ができる人も周りにいない、とのこと。

 

待っててくださいさやかさん。

私が知人の体験談を集めてみせます(笑)。

 

ということで、すばるのUFOレポート第1弾でした。

続けてさやかさんのご友人の、という第2弾、第3弾を。

 

■UFO目撃体験談集■
UFO遭遇体験談 その1

UFO遭遇体験談 その2&3

UFO遭遇体験談 その4

UFO遭遇体験談 その5

UFO遭遇体験談 その6

UFO遭遇体験談 その7

UFO遭遇体験談 その8

UFO遭遇体験談 その9

UFO遭遇体験談 その10