■月の玉手箱 -ナミソラ暦120年の物語-

主に2013年頃までメインで創っていた創作ファンタジー物語です。

継承王国ナミソラ、「月の王女」のぞむの時代。七つの龍と王子しずみの記憶をめぐるファンタジー。




人物紹介 小説版

人物名クリックで画像が出ます。

しず・静湖(しずみ)……主人公。ナミソラ国王子。
御影(みかげ)……しずの教育係だった宮廷魔術師。

淮(じゅん)……もうひとりの主人公。もとは狼として生まれた「獣人」。
赤離(あかり)……色なしの森に住んでいた魔女。

鎧(がい)……淮の育ての親。森の中でカフェテリアを経営。
彗(すい)……鎧の店の常連。もとは狐の「獣人」。
周防(すおう)……鎧の店の常連。冒険者。
近江(おうみ)……周防の妹。発明家。

天海(あまみ)……ナミソラ国現王。しずの義理の父親。
日和(ひより)……王宮メイド長。御影とともに王の側近。妖精族。
望夢(のぞむ)……ナミソラ国王女、通称「月の王女」。しずの義理の妹。
斑葉(いさは)……王宮に出入りする謎の少年。

夕陽(ゆうひ)……謎の青年。
朔日(さくひ)……行方不明になっている前王。

風琉(ふりゅう)……雲海地方に住む若い船長。
輝綸(きりん)……雲海地方の少女。男勝り。
洸綸(こうりん)……輝綸の父。
蒼琉(そうりゅう)……風琉の祖父。

ミトス……ファランディアの重鎮。
ササラ……前代の巫女。
瑠雲(ルーン)……今代の巫女。
日陰(ひかげ)……現奏第五月の住人。

更里(さらの)
祥科(よしな)
科里(しなの)



本編小説 『月の玉手箱』2013

部/章数 話数 title 備考
■第一部 everywhere 第0話 静かなる湖
 第一章 緑豊かな地 ―ルセルカ― 第1話 雨降る丘で
第2話 魔女の住む森
第3話 玉手箱の意志
 第二章 見果てぬ雲の道 ―雲海地方― 第4話 空往く海の国
第5話 灰色の龍
第6話 前王の帰還
 第三章 封印を抱く海 ―ファランディア― 第7話 月龍の歌
第8話 恵みの海辺にて
第9話 七つの海の宝
第10話 たゆたう水底の国
 第四章 緑豊かな湖 ―聖湖ルナ― 第11話 母の記憶
第12話 追憶と夢と
第13話 望郷の湖畔
 終章 辿り着く都 -王都- 第14話 やさしい世界



ナミソラ全図 MAP

*継承王国ナミソラ・西北

*継承王国ナミソラ・東北

*継承王国ナミソラ・東南

*継承王国ナミソラ・西南




番外編漫画 「月の玉手箱 ~prelude~」

2012年に発行した、本編(小説)の数年前の王宮の日々のほのぼの小話。

表紙 / 裏表紙

はじめに 登場人物紹介

第1話 きらきら

01頁 / 02頁 / 03頁 / 04頁 / 05頁 / 06頁 / 07頁 / 08頁 / 09頁 / 10頁 / 11頁 / 12頁
/ 13頁 / 14頁 / 15頁 / 16頁 / 17頁//

第2話 やくそく

01頁 / 02頁 / 03頁 / 04頁 / 05頁 / 06頁 / 07頁 / 08頁 / 09頁//

第3話 はなび

01頁 / 02頁 / 03頁 / 04頁 / 05頁 / 06頁 / 07頁 / 08頁 / 09頁 / 10頁 / 11頁 / 12頁//

おまけ
幕間column 王都について






Copyright©2017 すばる亭 All Rights Reserved.